無制限なのに制限あり?

対物保険に無制限で加入しているのに,相手車の修理費用を全額支払ってもらえないことがあります。

なぜでしょう???

対物保険とは事故により相手のものを壊した場合の補償です。

例えば信号待ちで停車中の相手車に追突し,相手車の修理費用が50万円の場合,50万円を保険金としてお支払します。

しかし,相手車が古い車の場合はこうなりません。実はルールがあり,保険金は修理する車の時価額を上限に支払われるのです。

したがって古い車の場合,たとえ修理費用が50万円であったとしても,車の時価額が15万円だったら,対物保険金は15万円しか支払われません。

こうなると,被害者は当然納得できないですよね。

でも,『ある』特約にはいっていれば大丈夫です。

それが『対物超過修理費用特約』です。

この特約は,対物保険で補償されない「時価額を超えた分」を1事故1台につき50万円を限度にお支払されますので安心です。

交通事故で揉めないためにも,『対物超過修理費用特約』に入ることをおすすめします。